Amazon

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« Windows8 Hyper-V環境下にCentOS 6.3を導入する | トップページ | UbunutuでiSCSIを試す »

2012年11月11日 (日)

C# バックグラウンドでキー入力を取得する その2

★ : 簡易ランチャーの作成 その4 でもう少し修正したものを掲載してあります

フォームがアクティブでないのに、キー入力を受け取る方法について
もう少し機能拡張してみます。

一定時間内に指定された組み合わせの入力があった場合にイベントを発生
させる様に修正します。
イメージとしては、1秒以内に"A→B→C"の様に押下する感じです。(波動拳のイメージ?)

やっている事は非常に泥臭く。


 ・指定されたキーが押下されるのを待つ
 ・押下されたキーの状態は一定期間(閾値で指定)は保持する(押された事にする)
 ・押下されたキーの前後関係を調べる

うん。そのまんまですね。で、それを実装してみたのは良いのですが…
コードを見ると正直な所いまいちな感じです。これは見直したくなる予感…。



世の中にはDirectInputなる物もあるそうで…。今時ならDirectXも標準だから
こっちを使ってあれこれするのもありなんですかね?

参考 : DirectInput@Wikipedia

« Windows8 Hyper-V環境下にCentOS 6.3を導入する | トップページ | UbunutuでiSCSIを試す »

C#」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/45152771

この記事へのトラックバック一覧です: C# バックグラウンドでキー入力を取得する その2:

« Windows8 Hyper-V環境下にCentOS 6.3を導入する | トップページ | UbunutuでiSCSIを試す »