Amazon

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« RaspberryPi (Debian) にSAMBA4をインストールする(ActiveDirectoryのDCを構築する) | トップページ | RaspberryPi Samba4でファイルを共有する »

2013年1月21日 (月)

RaspberryPi SAMBA4のActiveDirectoryに参加する(WindowsXP編)

RaspberryPiにSAMBA4をインストールしてActiveDirectory(以下AD)を構築しましたので、

WindowsXPを試しに参加させてみます。(関連:RaspberryPi on Debian にSAMBA4をインストールする)


・SAMBA4のユーザを確認

まずはSAMBA4のユーザを確認します。これはそのままドメインのユーザになります。

以下のコマンドでユーザーを確認できます。


・ドメインユーザを用意

なくても良いのですが、ドメインユーザを一人用意します


・参加前の状態の確認 XP

御覧の通りWORKGROUPと言うか単体で動作しています。

Adxp01


・ネットワークの設定変更

ドメイン名を名前解決できる必要がありますので、最初にDNSをドメインコントローラー(以下DC)に設定します。

勿論、ここではDC = RaspberryPiです。

[コントロールパネル]→[ネットワーク接続]→[ローカルエリア接続]→[インターネットプロトコル]

Netadxp01


・ADに参加する

[システムのプロパティ]→[コンピュータ名]タグの[ネットワークID]ボタンを押下します。

すると、ネットワークIDのウィザードがでてきます。

Adxp04

Adxp05

Adxp06

Adxp07

ここで、ドメインの管理者ユーザを使用します。

Adxp08

続けて、コンピュータ名とドメイン名を入力します。

私は以下の様にしました。

Adxp09

続いてドメインのユーザ名とパスワードを聞かれるので

以下の様に入力します

Adxp10

PCにユーザーアカウントを追加します。(しなくてもよいはず)

ここでは、先ほど作成したドメインユーザを追加します。

Adxp11

Adxp12

これで完了です! 無事にADに参加できました!

Adxp13

Windowsを再起動後にドメインユーザ(sheepdog)でログインできるはずです。

Domainxp01


« RaspberryPi (Debian) にSAMBA4をインストールする(ActiveDirectoryのDCを構築する) | トップページ | RaspberryPi Samba4でファイルを共有する »

RaspberryPi」カテゴリの記事

コメント

Samba 4.0.7で確認できました。

コメントありがとうございます。まさか、コメントを頂けるなんて。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/48847063

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPi SAMBA4のActiveDirectoryに参加する(WindowsXP編):

« RaspberryPi (Debian) にSAMBA4をインストールする(ActiveDirectoryのDCを構築する) | トップページ | RaspberryPi Samba4でファイルを共有する »