Amazon

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« RaspberryPiの初期設定 | トップページ | RaspberryPiのrebootコマンドを無効化する »

2013年1月14日 (月)

RaspberryPiのバックアップを取得する

・RaspberryPiのちょっと残念な話

 

購入したRaspberryPiですが、残念な事にOCしたらEXT4のファイルシステムを壊してしまいました。

何度か試してみたのですが、通常状態では問題が無いのですが、OCするとEXT4のファイルシステムを

壊してしまい起動不可になります。

当初はやっぱり安物のSDカードだからかな…と、思っていましたが、別途購入したPanasonic製の

SDHCカードでも同様になったので、本体側が原因かもしれません。

何にせよOCにはリスクが伴うので自己責任で挑戦して下さい。

勿論、SDカードは論理的に壊れただけなので、再度Debianをインストールすれば問題なく使用出来ました。

・RaspberryPiのバックアップを取得する

そんな訳で、今後RaspberryPiを自宅の省電力格安サーバとして利用しようと考えた場合に

バックアップを取得する事が重要になって来ます。

幾つか方法はあると思いますが、今回はLinuxのDDコマンドでSDカード全体のイメージを吸い上げてみます。

この方法の場合は、デイスクイメージをそのまま吸い上げますので、以下の様な特徴があります。

利点

  兎に角起動イメージその物を保存して置く事が出来る

欠点

  バックアップ結果が実際のファイルの有無に寄らず、SDカードの容量分のファイルサイズになる

バックアップの取得(/dev/sdcにSDカードが認識されている状態で)

sudo dd if=/dev/sdc of=./RaspberryPi20130113.img

リストア(/dev/sdcにSDカードが認識されている状態で)

sudo dd if=./RaspberryPi20130113.img of=/dev/sdc

バックアップの取得はそこそこClass10らしい速度でした。リストアは…もう少し頑張って欲しい所です。。。

小一時間程かかってしまいましたが、それでも手作業で1からやるよりは簡単です。

私は、同じSDカードを2枚用意して複製を作成して見ましたが、問題なく動作しました。

但し、同じSDカードで無い場合は同じ容量のSDカードであっても、製品によって微妙に容量が違ったりするので注意が必要です。

« RaspberryPiの初期設定 | トップページ | RaspberryPiのrebootコマンドを無効化する »

RaspberryPi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/48733039

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPiのバックアップを取得する:

« RaspberryPiの初期設定 | トップページ | RaspberryPiのrebootコマンドを無効化する »