Amazon

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« UbuntuにSubversionのクライアントをインストールする | トップページ | .Net Framework4.5(VisualStudio2012Express)でNUnitをデバッグ起動する »

2013年2月18日 (月)

.Net Framework4.5で(C#)NUnitを使用する


C#の勉強をしようと思い続けて…どうしても楽な方・楽しい方に流されて続けています。
今回は、今度こそC#をやる前にNUnitを導入したいと思います。

NUnit等使わなくても、今時はVisualStudioに単体テストツールが付属しているのですが、
残念ながら有料のVisualStudioなんて、プロでも金持ちでもない自分には購入できません。
その様な訳でフリーで使用できるNUnitを使用したいと思います。

今回は以前C#4.0の時に作成したテストプロジェクトをC#4.5で利用してみます。



・NUnitのインストール

www.nunit.orgからNUnitをダウンロードしてきます。
バージョン2.6.2からは.NetFramework4.5にも対応しているみたいです。

インストールは特に大した質問もなく、"Typical"を選択しただけで終わってしまいました。



・NUnitアセンブリの設定

テストプロジェクトを作成して、NUnitのアセンブリを参照する様に修正します。
今回は、.NetFramework4.0の際に作成していたプロジェクトを使用しますので、
nunit.frameworkのアセンブリを2.6.2に付属のものに変更しました。

20130212nunit01



この様にしたらプロジェクトをビルドしてテストアセンブリを作成します。




・NUnitの起動

NUnitを起動して、File → OpenProject と実行して、テストアセンブリを開きます。
すると、テストが開きますので後はいつも通り"Run"ボタンを押下すればテストを開始します。

何の問題もなくあっけなく動作しました。

20130212nunit02









さぁ、環境はできた…はず。今度こそ環境を構築して逃げていないでプログラミングの勉強を…

« UbuntuにSubversionのクライアントをインストールする | トップページ | .Net Framework4.5(VisualStudio2012Express)でNUnitをデバッグ起動する »

C#」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/49335478

この記事へのトラックバック一覧です: .Net Framework4.5で(C#)NUnitを使用する:

« UbuntuにSubversionのクライアントをインストールする | トップページ | .Net Framework4.5(VisualStudio2012Express)でNUnitをデバッグ起動する »