Amazon

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« RaspberryPi SAMBA4をバージョンアップをする | トップページ | RaspberryPiここまでのまとめ »

2013年2月10日 (日)

RaspberryPi debianにSubversionをインストールする(ActiveDirectory認証)

今回はRaspberryPiにSubversionをインストールしてみたいと思います
RaspberryPiには大きなストレージを繋ぐ予定は無いのですが、もともと大して
データを生み出す訳ではない自分には十分なはずです。こう言う物は足りなくなるまで
使ってから悩めば良いのです。

インストール方針は以前やった時と同じくapache2を
経由してのアクセスとしたいと思います。RaspberryPiの様な非力なマシンはxinetdの方が良いかもしれませんが、
折角Samba4を導入したのでapache2を利用してActiveDirectory認証をします。



・svnとapache2とその他関連ツールのインストール

以下のコマンドで必要なパッケージをインストールします。


・apache2の動作確認

ブラウザ以下にアクセスして、"It works!"と表示されればokです。

20130207_01





・svnの設定変更

以下のファイルを編集して、以下の箇所のコメントを外します。




・svnのリポジトリの作成

作成先はapache2で共有するので、一応wwwの下に作成します。svnのリポジトリはどこに
作成しても良いはずです。




・外部から接続する為のユーザ/パスワードを設定します

まずは、apache2でBASIC認証を試してみます。




・apache2とsvnを繋ぐための設定をします

以下のファイルを編集します





・権限の設定
今のところ、自分一人用なんですが。。。
権限ファイルにユーザーを追加します。



以下の記述を追加します。



・モジュールをEnableにする

ここでエラー発生。CentOSでもUbuntuでも最初からEnableだったのですが、
mod_authz_svnが読み込まれていませんでした。以下のコマンドでEnableにします。




・apache2の再起動

ここまでできたらapache2を再起動してみます


再度起動しましたが…警告がでました。



ServerNameの登録が必要らしいです。
以下の様に127.0.1.1 に/etc/hostを編集してwww.rapberrypi.comを定義しました。



これでokです。




・動作の確認

まずはブラウザーからアクセスしてみます

先ほど設定したユーザ/パスで以下の表示がでたら成功です。
後は、適当にsvnでインポートすれば完了です。

20130207_02




AD認証をしない人はここまでで十分です。。





さて、従来はここまででしたが…折角ActiveDirectoryを導入したので
ここはAD認証を設定してみるべきでしょう。続いてAD認証の設定をしてみます。



・apache2のldap関連モジュールを有効にする

AD認証をする為にLDAP関連モジュールを有効にします。





・認証方法をLDAPにします

以下のファイルを編集します


ちょっとだけ解説を。。。




・apache2の再起動

設定したらapache2を再起動します。


以上で設定は完了です。


ブラウザーからアクセスしてみます(今度はなんとなくIEで)

以下の様にダイアログが出ますので、ADのユーザーでログインして下さい。

20130208_04




ブログ関連の元ネタをインポートしてみました。ばっちりです!

20130208_03






パフォーマンスはまあまあと言った感じです。自宅でGbEを独り占めしている場合の速度とは比べられませんが
インターネット上にあるサーバにアクセスしたと思えば十分ではないでしょうか。




さて、そろそろC#で何か書かないと…。

« RaspberryPi SAMBA4をバージョンアップをする | トップページ | RaspberryPiここまでのまとめ »

RaspberryPi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/49286038

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPi debianにSubversionをインストールする(ActiveDirectory認証):

« RaspberryPi SAMBA4をバージョンアップをする | トップページ | RaspberryPiここまでのまとめ »