Amazon

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« C#でファイル・特殊フォルダのアイコンを取得する | トップページ | VisualStudio2012の単体テストでCSVファイルを読み込んでテストする »

2013年5月14日 (火)

VisualStudio2012の単体テストを使用する(nUnitから移行する)


今回は従来までnUnitで実施していた単体テストをVisualStudioの単体テストを使用したテストに変更
します。もともと、VisuslStudio2010で作成していたnUnitのテストをそのまま使用していましたが、
折角VisualStudio2012Express標準の単体テストツールがあるので、こちらを使用してみたいと思います。




もともと、この単体テストはVisualStudio2008の頃に上位エディションに付属していた機能のよう
です。それが、VisualStudio2012ではExpressでも使用できるようになっています。

nUnitと比較した場合に、VisualStudio2012に付属する単体テスト機能は以下の点が便利です。

・起動が簡単"Ctrl+R,A"(Ctrl+Rを押した後にAを押す)で起動
  nUnitの場合は少なくともVisualStudioから切り替える必要があります。
  他にはビルド後に自動実行してしまう手もあります(参考)

・使いやすいUI
  VisualStudio2012に統合されていて使用しやすいです。

・セットアップ不要
  特に何かを設定する必要がありません。これは非常に便利です。

nUnitと比較した場合にそれ程メリットがある訳ではありませんが、テストの実行が面倒でないと
言うのは意外と重要です。起動が面倒だとどうしてもテストの回数が減りますので…。

以下の手順でテストを追加しました。


・新しいプロジェクトの追加で "単体テスト プロジェクトを追加"
テスト用のプロジェクトをソリューションに追加します

Newproj_2


・nUnitのテストコードをVisualStudio用に編集します

まずは、テストクラスを追加します
テストソリューションで、"追加 → 単体テスト"をクリックすると
テスト用のクラスが追加されます。

20130506tsuika

]


続いてnUnitのテストメソッドをコピーしてから、以下の様に変換しました。

  属性 "Test"を"TestMethod"に変換
  属性 Descriptionの表記を直す
      変更前
      [Test(Description = "設定した値が返る")]

      変更後
      [TestMethod]
      [Description("設定した値が返る")]

  Assertのメソッド変更
    True → IsTrue
    False → IsFalse

メソッド等細かい違いはありますが、nUnitにある機能は概ねありそうです。変換作業は非常に
簡単です。

修正前



修正後



・テストの実行

メニュー "テスト"からもしくはショートカット"Ctrl+R,A"(Ctrl+Rを押した後にAを押す)で起動すると
以下の様に結果が表示されます。成功失敗が一目で判るようになっています。オールグリーンの爽快感も
nUnitと同様です。
nUnitも現状では大して使い込んでいる訳ではないのであっけなく移行できてしまいました。


20130506result



nUnitのTestCaseSourceさえあれば完璧だったのですが…その件については別途記載したと思います。
単体テストツールは非常に便利です。ちょっとメソッドを一つ作成した時にちょっとずつ試する事が
できる為、結果的にコーディングが捗ります。日曜TDDとかどうとか深く考えずに、まずは使って
みると良いと思います。





偉そうな事書いている割には、テストコードが少ない…。単にテストしてみたかっただけだったり…



« C#でファイル・特殊フォルダのアイコンを取得する | トップページ | VisualStudio2012の単体テストでCSVファイルを読み込んでテストする »

C#」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/51596765

この記事へのトラックバック一覧です: VisualStudio2012の単体テストを使用する(nUnitから移行する):

« C#でファイル・特殊フォルダのアイコンを取得する | トップページ | VisualStudio2012の単体テストでCSVファイルを読み込んでテストする »