Amazon

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« 本年も宜しくお願い致します。 | トップページ | RaspberryPi (Debian) にSAMBA4(v4.1.3)をインストールする(ActiveDirectoryのDCを構築する) »

2014年1月 4日 (土)

TK-FBM023BKを買ってみました

さて、本年最初の物欲は…Bluetooth1キーボード TK-FBM023BKを買ってみました。
当ブログは別にキーボードブログと言う訳ではありませんが、これで購入物記事と
しては4回連続でキーボードになります。(しかも安物ばかり…)







さて、今回はELECOMのTK-FBM023BKを購入してみました。このキーボードの特徴は
以下になります。

  ・Bluetooth接続
  ・Windowsキーがある
  ・軽量コンパクト(キーピッチ15.4mm 重量224g)
  ・タブレットスタンド付属
  ・安価

Bluetoothキーボードとしては、安価な部類のこの製品ですが、色々と特徴的な製品です。
私はこのキーボードをWindows8.1のタブレットに接続して使用していますが、購入を
決断したポイントとしては以下が挙げられます。

  ・Windowsキー・カナ・変換キー等 Windowsで必要なキーが一通りある
  ・タブレットスタンド付属
  ・安価

やっぱり、安価である事は欠かせませんが…この値段でこのサイズなら外出用には
持って来いだと思います。
打鍵感はいまいちですし、キーピッチも狭いのでメインキーボードとして使用するには
なかなか厳しいと思いますが、やっぱりWindowsはキーボードがあった方が使い勝手が
良いです。文字を入力する際は、このサイズであってもキーボードがあった方が圧倒的に
効率良く文字が入力できますし、ちょっとした処理でもショートカットが使用できるので
便利です。
私はこのキーボードでも10分もすればそれなりにタッチタイプできるようになりました。
この手のキーボードの中では安価な製品ですので、最近色々出てきた8インチタイプの
Windowsタブレットと相性が良いのではないかと思います。
Windowsタブレットでちょっとした入力にキーボードを使用したい方にはお勧めでは
ないでしょうか。

さて、もうキーボードは当分買わないはずです。色々購入してみて気がつきましたが、自分は
割とどのキーボードでもあまり苦にならないと言う事。要するに拘りがあるようで
実は全然拘っていないのではないかと言うことです。。。(違いが判らない男と言う表現が
一番適切かも…) まぁ、小さなキーボードは机が広くなるので狭いところでちまちま作業
している自分の環境的には合っていますが。。。







しかし、やっぱりコンパクトキーボード(と、言うかテンキーレスのキーボード)とVimは
非常に相性が良いです。コンパクトキーボードだとInsを始めHome End PgUp PgDn等が
Functionキーと同時に押下しないと使用できませんが、Vimはこの辺りを使用しないで入力
できるので非常に快適です。まあ、Linuxなら兎も角WindowsでVimを使用していると
マニアックな感じではありますが…。











« 本年も宜しくお願い致します。 | トップページ | RaspberryPi (Debian) にSAMBA4(v4.1.3)をインストールする(ActiveDirectoryのDCを構築する) »

買い物」カテゴリの記事

コメント

こちらのキーボードはiPhone5sでも使用できました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/54437102

この記事へのトラックバック一覧です: TK-FBM023BKを買ってみました:

« 本年も宜しくお願い致します。 | トップページ | RaspberryPi (Debian) にSAMBA4(v4.1.3)をインストールする(ActiveDirectoryのDCを構築する) »