Amazon

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« RaspberryPiにUSB-NIC(USB接続のLANポート)を接続する | トップページ | PAEに対応していない古いCPU(CeleronM,PentiumM)のPCにLubuntu 14.04 LTSをインストールする »

2014年5月 5日 (月)

RaspberryPiでIPv6を有効にする


今回はRaspberryPiをIPv6に対応させたいと思います。我が家のRaspberryPiは
自宅内サーバーとなっているので、IPv6は正直必要ないのですがSamba4.1.7に
アップグレードするのにはIPv6対応するのが手っ取り早かったので…。
 → RaspberryPi (Debian) にSAMBA4(v4.1.3)をインストールする(ActiveDirectoryのDCを構築する)






RaspberryPiをIPv6対応する方法は非常に簡単です。そもそも、RaspberryPiの場合は
起動時にIPv6のモジュールが読み込まれていないらしいです。
と、言う訳でモジュールを読み込む様に設定すれば良い訳です。

以下のファイルに"IPv6"と追記すれば完了です。
/etc/modules



その後、再起動すればIPv6が有効になります。

・変更前


・変更後


これで本来の目的であるSamba4.1.7もRaspberryPiで動くようになりました!
良かった良かった。










あぁ、RaspberryPiは良いおもちゃだな…と、思うのですがLinuxサーバとして利用しようとすると
やっぱり自分にはLinuxの知識が無い事が気になります。。。基礎からちゃんと勉強するべきなんで
しょうが時間が無い。。。でも、そういう所を押さえないと様々なサーバー系ソフトウェアを利用するのは
難しいですね。むむむ。













« RaspberryPiにUSB-NIC(USB接続のLANポート)を接続する | トップページ | PAEに対応していない古いCPU(CeleronM,PentiumM)のPCにLubuntu 14.04 LTSをインストールする »

RaspberryPi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/56066562

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPiでIPv6を有効にする:

« RaspberryPiにUSB-NIC(USB接続のLANポート)を接続する | トップページ | PAEに対応していない古いCPU(CeleronM,PentiumM)のPCにLubuntu 14.04 LTSをインストールする »