Amazon

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« RaspberryPiをHDD起動にする | トップページ | Windows起動時の Usb3.0 Monitor is already started! のダイアログを消す »

2014年11月25日 (火)

RaspberryPiのswap領域を変更する


久し振りにRaspberryPiの環境を色々いじっています。今までも飽きて使わなくなった
とかではなく、ずっと継続してファイルサーバ兼svnサーバとして利用しており、
PC間のちょっとしたデータのやり取りや、このブログやソースコードの管理用サーバと
して活用していました。どちらかと言うと、安定しているので特にブログネタが無かったと言えます。
前回(RaspberryPiをHDD起動にする)でRaspberryPiにUSB-HDDをつけて起動する様にしたので、
ついでにswap領域もファイルからパーティションに変えてみる事にします。






今回はUSB-HDDの末尾に約2GBのswap領域を用意しました。(詳細は前回の記事を参照)
2.5GBものswap領域が必要かどうかは微妙ですが、折角用意したのでこちらを使用する様に
設定を変更します。


・swap用パーティションの準備

確保済みのパーティションをswap用にフォーマットします。パーティションの作製は前回の記事
参考にして下さい。


・swap領域をフォーマットする






・現在の状態を確認

以下の様に入力して現在のswapの状態を確認します。ファイルをswapとして使用しています。




・試しにパーティションを使用する様に設定する

以下のコマンドを実行します。



再度swapの状態を確認するとパーティションとして/dev/sda2が追加されています。




・起動時に/dev/sda2をswapとして使用する様に設定する

/etc/fstab に下記の1行を追加します。



ここで再起動してからswapの状態を確認します。以下の様になっているはずです。




・ファイルタイプのswapを停止する

これでほぼ問題はありませんが、ファイルタイプのswap領域は不要ですので停止しましょう。

ここでは以前インストールしたrcconfを使ってdphys-swapfileを外す事で対応します。
rcconfを起動してdphys-swapfileからチェックを外します。

20141123_swap01





ここで再起動してからswapの状態を確認します。以下の様になっているはずです。



これでokです。無事にswap領域が/dev/sda2だけになって起動しました。

最後にswapサイズの確認をprocとfreeでも…。うん。2.5GBも設定されていますね。
こんなに要らないです(苦笑)





これで完了です。うん、実に普通のPCっぽくなりました。一応…swapする場合はファイルより
パーティションの方が性能が良いらしいですがどうなのですかね?swapしている時点で
残念な感じですが、RaspbrryPiはメモリも512MBしかありませんので多少は使われて
しまうのかと…。







さ、次はやっぱりSamba4とsvnを再構築せねば…。この辺りは過去の手順で問題なく処理
できるはず。こういう時に自分が迷わない為にこのブログは作製しています(笑)











« RaspberryPiをHDD起動にする | トップページ | Windows起動時の Usb3.0 Monitor is already started! のダイアログを消す »

RaspberryPi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/58078506

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPiのswap領域を変更する:

« RaspberryPiをHDD起動にする | トップページ | Windows起動時の Usb3.0 Monitor is already started! のダイアログを消す »