Amazon

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« VisualStudio2013にSVNクライアントをインストールする(TortoiseSVNのプラグインTSVNのインストール) | トップページ | 単体テストクラスにだけinternalなクラスを参照可能にする »

2015年2月14日 (土)

RaspberryPi2にLegoでお家を作りました(RaspberryPi2を購入しました)


RaspberryPi2 Bを購入しました。しかし、Windows10が無償提供されると言う話のせいか
どうかはしりませんが、大人気でケースが購入できなかったので、以前から気になっていた
Lego(レゴブロック)でRaspberryPi2のお家(ケース)を作製してみました。






RaspberryPiに期待の後継機が発売されました。メモリーは倍増(512MB→1GB)になり、
CPUはクロックが向上(700MHz→900MHz)した上に、コア数が4倍(1コア→4コア)で、
さらにARMの命令セットも1世代上がりました。ここまで性能向上したにも関わらず、
ドル建てではお値段そのままとなり、円建てでもそれ程値上がりしていない為、当然
大人気となっています。私も1台購入して遊んでいますが、本当に明らかに早くなって
おり、デスクトップLinuxとしてもそれなりに使えるレベルまでになっています。

そんな訳で、大人気のRaspberryPi2ですが、今回は大人気が故にケースを買う事が
出来なかったので、以前からちょっと考えていたLegoを使ってRaspberryPi2のケースを
作製してみました。

と、言う訳で、子供の頃に遊んでいたLegoを引っ張り出してきてRaspberryPi2の
お家を作って見ました。

コネクタのある面。ここはがばっと開いています。

20150212_01


そして、裏側は所々メッシュになっていて通気性を確保(笑

20150212_02


屋根も割と空けてあります。

20150212_03



こんな感じです。子供の頃に使っていた古いLegoなので所々傷があったり汚れたり
していますが、まぁ、それもまた味があると思っています。そもそも、自分で傷つけた
訳ですし…。それに、思ったよりも可愛い感じにまとまったのでブログのネタにしてみました。
なんとなく机に置いてあっても変じゃない気がしますし、結構気に入っています(自画自賛
過ぎですかね?)。デスフラッシュはあまり防げないかも知れないけれど、実使用では特に
問題は無いと思います。実際、最初のセットアップは裸のままでやりましたが、特に問題なく
出来ましたので…。

Legoを組み立てている時はなんだか久し振りでとっても楽しかったです。しかし、Made in
United Kingdomで、裏面にはElpidaのメモリが使われているRaspberryPiってなんだか嬉しいです。






さて、RaspberryPi2は何に使いましょうかね。兎に角性能が上がっているので、今まで
遅すぎて使い物にならなかった様なネタに使いたいです。
ちなみに今まで利用していたRaspberryPiBは今後もSamba4+svnサーバーとして継続して
利用して行くつもりです。自分用サーバーなので、あの程度で十分に使い物になっています
ので、是非末永く使って行きたいですね。Windows10 IOTは…GUIが無いならあんまり興味ないかな?











« VisualStudio2013にSVNクライアントをインストールする(TortoiseSVNのプラグインTSVNのインストール) | トップページ | 単体テストクラスにだけinternalなクラスを参照可能にする »

RaspberryPi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/58936479

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPi2にLegoでお家を作りました(RaspberryPi2を購入しました):

« VisualStudio2013にSVNクライアントをインストールする(TortoiseSVNのプラグインTSVNのインストール) | トップページ | 単体テストクラスにだけinternalなクラスを参照可能にする »