Amazon

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« UbuntuServer 14.04 LTSでiSCSIホスト(Target)を作成する | トップページ | iSCSIのディスクをHyper-Vから利用する »

2016年2月12日 (金)

Windows10でiSCSIのドライブをマウントする


前回、UbuntuServer 14.04 LTSでiSCSIホスト(Target)を作成してみました。
今回は上記iSCSIのドライブをWindows10から利用してみます。







今回は、Windows10はiSCSIを利用(マウント)する側ですので、iSCSIイニシエーターを使用します。
iSCSIイニシエーター(iSCSIを利用する為のドライバーの様なもの)はWindows10に最初から
サービスとして提供されていますので、簡単にiSCSIディスクをマウントする事が可能です。


・サービスを有効にする
  Windows10になってから管理ツールが分かりにくくなりましたが…左下にあるCortanaや検索に
  "サービス"と入力すればサービスの設定が可能です。ここから以下のサービスを"自動"にして下さい。
    "Microsoft iSCSI Initiator Service"

Iscsi_00



・iSCSIをマウントする
  管理ツール→iSCSI イニシエーター か CortanaにiSCSIと入力すると出てきます。

  1. iSCSIのポータルを探索する
    iSCSIを提供しているiSCSIのターゲットを探索します。"探索"タブを選んで、
    その中の"ポータルの探索"ボタンを押下します。

Iscsi_01



    続いて"ターゲット ポータルの探索"でiSCSIターゲットサーバーの名前か
    IPアドレスを指定します。ここでは、IPアドレスを直接指定しています。

Iscsi_02



    探索後に"ターゲット"タブに移ると、真ん中の"検出されたターゲット"に
    iSCSIで作成されたディスクが既に表示されていると思います。

Iscsi_03



  2. ターゲットのマウント
    "検出されたターゲット"の中から接続したいターゲットを選んで、"接続"ボタンを
    押下します。(ここでは、iqn.2016-02.Storage:iSCSITest.disk"を選択しています)

Iscsi_04_2



    ターゲットへの接続ダイアログで"OK"ボタンを押下すれば、ターゲットを接続します。
    "この接続をお気に入りのターゲットの一覧に追加する"は自分の使用状況に応じて
    設定して下さい。

Iscsi_05



    下記の画面で、接続完了になればiSCSIターゲットを接続できました。
    これで、ディスクとしては使用可能な状態です。
    パスワード等を必要とする場合は、詳細設定から入力して下さい。

Iscsi_06



  3. 接続したターゲットのフォーマット
    マウントしただけでは、フォーマットがされていないSCSIのディスクが接続されて
    いるのと同じ状態です。iSCSIターゲットを普通のディスクとして使用したい場合は
    フォーマットを実行します。

    管理ツール→ コンピューターの管理 → 記憶域 か Cortanaに"ディスクの管理"と入力すると出てきます。
    正しくマウントされている場合は、未割当のディスクができているはずです。

Iscsi_07



    このドライブをWindows10から使いたい場合は、フォーマットしてドライブ文字を割り当てれば
    利用できるようになります。

Iscsi_08




以上です。これでWindows10からiSCSIのディスクをマウントして利用する事ができます。
試しに、iSCSIのディスクにファイルをコピーしてみましたが、60MB/s位出ていました。
利用しているHDDが数年前の1TBハードディスクでもあるので、こんな物でしょう。
用途にもよりますが、それなりに実用的な速度ではないかと思います。








しかし、iSCSIって最近あまり話題にならない様な…。LinuxでもWindowsでも標準で利用可能ですし、
共有したくないけれど、外部ディスクに保存したい場合等の要件の場合は悪くない選択肢の気もするのですが…。
NASは確かに専用機でも良いですが、電源を入れっぱなしにするのでなければ、古いPCの再利用もお勧めです。
Linuxを使えばソフトウェアは無料だし、NAS専用機よりずっと高速な物も作れますしね(メモリが4GBや8GBのNASとか…)















« UbuntuServer 14.04 LTSでiSCSIホスト(Target)を作成する | トップページ | iSCSIのディスクをHyper-Vから利用する »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/63898833

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10でiSCSIのドライブをマウントする:

« UbuntuServer 14.04 LTSでiSCSIホスト(Target)を作成する | トップページ | iSCSIのディスクをHyper-Vから利用する »