Amazon

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« Ubuntu16.04にJupyter NotebookとPython3とRをインストールする | トップページ | C#で他のアプリケーションにクリップボードからペースト(貼り付け)する »

2016年7月16日 (土)

RStudioをサーバー(Ubuntu16.04)にインストールする

前回、なんだかとってもいけてる感じのするJupyter NotebookとRをサーバーに
インストールしました。今回はその流れに従って、さらにRStudioもサーバーに
インストールしてしまいます。

今回の目的はこちらです。

  ・データの分析にRを使えるようにしたい
  ・RStudioを使いたい(正確には RStudio Server)
  ・サーバーにインストールして、いちいち自分のPCに環境を作りたくない

と、言う訳で前回のサーバー(Ubuntu16.04LTS)にRStudioをインストールします。






前回の作業で既にRはインストールしているので、残りはRStudio Serverだけです。

・RStudioのインストール

RStudio Serverは公式サイトからダウンロードして使用する事になります。
正式なインストール方法も上記ページにあります。

1. Rのインストール
  前回のページを参考にインストールして下さい

2. RStudioのインストール
  64bit版と32bit版があるので注意して下さい。




上記でインストールは完了。インストールが完了すると自動的にR Studio Serverは起動します


3. R Studio Serverの利用

クライアントPCから以下の様に接続して下さい。



以下の様な画面が表示されるはずです。ログイン画面ではRoot以外のUbuntuの
ユーザー/パスワードを入力して下さい。

20160710rstudio_01


20160710rstudio_02



たったこれだけで使い始める事ができます。Jupyter Notebookと比べれば非常に簡単でしたね。

これで、RStudioもJupyter Notebookもサーバー側で処理する事が可能になりました。
端末が複数あってもいちいち環境を作る必要がなく、共有のリソースで処理が可能です。
さて、後は何を分析しよう…。ネタは無いな…。






さて、私の貧弱な環境で果たして役に立つのか? 本気で分析するならば、きっと
もっと性能の高い環境を作らなければならないのだろうな…と、思いつつ、
まずは性能が足りなくなる様なネタを探すのが先ですね。何かあるかな…。











« Ubuntu16.04にJupyter NotebookとPython3とRをインストールする | トップページ | C#で他のアプリケーションにクリップボードからペースト(貼り付け)する »

データサイエンティスト・データ分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/66460719

この記事へのトラックバック一覧です: RStudioをサーバー(Ubuntu16.04)にインストールする:

« Ubuntu16.04にJupyter NotebookとPython3とRをインストールする | トップページ | C#で他のアプリケーションにクリップボードからペースト(貼り付け)する »