Amazon

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« C#で他のアプリケーションにクリップボードからペースト(貼り付け)する | トップページ | ニューラルネットワーク(機械学習)をC#で実装してみる その1 »

2016年12月17日 (土)

RaspberryPi用のヒートシンクを購入しました


季節的に冬にする買い物ではないな…と、思いつつも。なんとなく
Raspberry Pi用のヒートシンクを購入しました。






購入した商品は上記リンク先にもありますが、EasyWordMallと言う所が
販売している物です。RaspberryPiはケースにいれて使うととってもコンパクトで
ありがたいのですが、意外と発熱する為ちょっとだけ気になっていました。

我が家にはRaspberryPiが三台ありますが、そのうち一台は我が家に転がっていた
シール式のヒートシンクをぺたっと貼っています。しかし、さらにRaspberryPi2と
TypeBを持っているので、できればこれらもヒートシンクをつけたいな…と、思っていました。

と、言う訳でふらふらAmazonを眺めていたら見つけたのがこちらです。
この商品の特徴は

  ・安い!(またか…)
    Amazonで200円ちょっとで送料無料
  ・裏面がシールになっているので取り付けが簡単
    チップに貼るだけ!

と、言う訳でなんとなく満足感があるので購入してみました。

実際の物ですが、まぁ、価格から考えれば十分とお得感のある物です。
ヒートシンクは裏面がシールになっているのでペタッと貼れば取り付けられて
非常にお手軽です。但し、一度貼った物を剥がすのはチップも剥がれそうで無理です。
作業は慎重にして下さい。

RaspberryPiは1と2でチップの数が違うので、2の場合はチップが余るかもしれません。
個人的には大きい方2枚を使えば十分かと思います。(3は持っていないので判りません…)
商品は中国からの直送になりますので届くのは遅いですが、価格も安いですし
そうそう急ぐ必要も無いと思いますので、自宅でRaspberryPiを使ってちょっとした
サーバーを立てている方はのんびりと待って購入しても良いかと思います。






このEasyWordMallと言う会社はこれ以外にも安価なちょっとした小物を
沢山販売している様です。今回紹介したヒートシンクより、より高性能そうな
ヒートシンク等も格安で販売されています。中国から直送なのでちょっと時間は
かかりますが、色々面白そうです。


この記事を今年最後の記事にしちゃ駄目だな…頑張ろう…。










« C#で他のアプリケーションにクリップボードからペースト(貼り付け)する | トップページ | ニューラルネットワーク(機械学習)をC#で実装してみる その1 »

RaspberryPi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/68880235

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPi用のヒートシンクを購入しました:

« C#で他のアプリケーションにクリップボードからペースト(貼り付け)する | トップページ | ニューラルネットワーク(機械学習)をC#で実装してみる その1 »