Amazon

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

« RaspberryPiをDebianインストールからファイルサーバ兼Subversionサーバーにする(2017年版 その2) | トップページ | RaspberryPi Samba4でファイルを共有する(2017年 やり直し版) »

2017年2月20日 (月)

Tensorflowのアップグレード(pipパッケージのアップグレード)

Tensorflowがついにv1.0にバージョンアップされました。どうせなら新しい物が良いですよね?
って事で、anaconda + pip で導入したTensorflowをアップグレードしちゃいたいと思います。





今回はちっちゃなネタです!
今回も以前作成したTensorflow用の環境に対してアップグレードを進めていきます。

まず、最初にTensorflow用の環境に移動します。

activate tensorflow

続いて、この環境にインストールされているアップデート可能なパッケージ一覧を表示します。

pip list -o --format=columns

以下の様に表示されるはずです。



tensorflowがばっちり1.0.0になっている様です。

続いて以下の様にupgradeします。最後のUは大文字です。注意してください

pip install tensorflow -U

こんな感じで進んでいくと思います。



以上です。これでTensorflowの新しいバージョンが利用できるようになりました!
何が変わったのかは今から勉強します。。。早くなったらしいですが…どうなんでしょ?







Tensorflowは人気があるみたいですね。自分も使いこなしたいと考えていますが…
なかなか難しく…。たぶん難しいのはTensorflowではなくて機械学習全般の決定的な
知識不足に因る物ですが…。










« RaspberryPiをDebianインストールからファイルサーバ兼Subversionサーバーにする(2017年版 その2) | トップページ | RaspberryPi Samba4でファイルを共有する(2017年 やり直し版) »

データサイエンティスト・データ分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1680410/69647068

この記事へのトラックバック一覧です: Tensorflowのアップグレード(pipパッケージのアップグレード):

« RaspberryPiをDebianインストールからファイルサーバ兼Subversionサーバーにする(2017年版 その2) | トップページ | RaspberryPi Samba4でファイルを共有する(2017年 やり直し版) »