Amazon

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« gitlabにプライベートなプロジェクトを作成してみる | トップページ | Ubuntu Server 18.04 LTS設定メモ(IPv6の無効化・スワップ頻度の低減・フロッピードライブの無効化) »

2018年5月 3日 (木)

Ubuntu Server 18.04 LTSで複数のNIC(ネットワークカード)を使える様にする

今回は新しくインストールしたUbuntu Server 18.04 LTSで複数のNICを使える様にしてみました。
所謂NIC(ネットワークカード)の二枚刺しって奴です。





2年毎にLTS(Long Term Support 長期サポート)版がリリースされるUbuntuですが、先日無事に
リリースされました。私はUbuntuの手軽さに惹かれて、特段の理由が無い限りはLinuxと言えば
Ubuntuを使用しています。今回も丁度この時期にNASが起動しなくなったので(涙...)、早速ですが、
UbuntuServer 18.04LTSをインストールしてみました。

その際に二つのNIC(ネットワークカード)の設定をしようとしたら、ちょっとだけ詰まったので
備忘録として残します。



・二つのNIC(ネットワークカード)の設定

設定は出来てしまえば非常に簡単です。以下のファイルを編集して設定を反映させるだけで
二つのNIC(ネットワークカード)が使用できる様になります。作業前に、ネットワークケーブルを
接続しておくのを忘れないでください。

設定は下記のファイルを編集します。



編集前は以下の様になっていると思います。(IPアドレス等は適宜変更して下さい)



それを以下の様に変更します。ポイントは

  1. 元々あったNIC(ネットワークカード)の設定をコピー
  2. IPアドレス等とネットワークカード名を変更する

以上です。以下の例ではenp3s6 ~ -BASENETまでを追記(殆どコピー)しています。



ネットワークカード名が分からない場合は以下のコマンドを実行すると表示されます。



ファイルを編集後は以下のコマンドを実行して下さい。正しく設定されている場合は
設定が反映されて、二枚のNIC(ネットワークカード)が利用できるようになります。





以上です。これだけで二つのNIC(ネットワークカード)を使用する事が可能です。
しかし、ネットワーク周りの設定が/etc/network/interfacesから変更になったんですね。
この辺りコロコロ変えるのには何かそれなりの理由があるのだろうな…。




以下余談です(笑
そもそも、なんでネットワークカードを二枚刺しにするのでしょうか。それは、以下の
理由による物です。

  1. NIC(ネットワークカード)が複数あった方が速い
    このサーバはファイルサーバとする予定です。二台のPCから同時に
    アクセスする際にNIC(ネットワークカード)が多いと並列にデータをやり取りできます。
  2. NIC(ネットワークカード)が余ってる(苦笑)
    残念ながらこちらが本当の理由です。最近はマザーボードに当たり前の様にネットワークの
    I/Fが付いています。(所謂RJ45って奴です)しかし、昔はついていなかったり、ついていても
    100Mbpsだったりしたんですね…。
  3. 家庭でわざわざ旧PCを使用してNASを作るのだから遊んでなんぼ
    こちらも理由の一つですかね。。。思い付いたら余計な事をしてみる。。。のが家庭用サーバです。

って、訳で何と言う事は無く、余っていた古いPCをファイルサーバ(NAS化)した際に、
もっと余っていて使い道がなかったPCIのNIC(ネットワークカード)を刺してみただけでした。

ちなみに、今回使用したNIC(ネットワークカード)はこんな骨董品です。
  参考 : マニュアルへのリンク

  仕様 : ASUS PXI-G45 Gb LAN Card
    Intel® 82545 Gigabit Ethernet controller onboard
    64-bit/133MHz PCI-X interface
    Supports 802.1q VLAN, WfM 2.0 and ASF 1.0 management features
    Supported OS: Windows® NT4.0, Windows® 2000 Server, Novell® Netware, RedHat Linux® 7.x, 8.0

PCI-Xの文字が光りますね(笑
こんな骨董品は捨てた方が良いって? 全くですね。。。でも、NIC(ネットワークカード)の世界って
まだ、ご家庭に10GbEが普及してきたとは言い難い状況なので、このカードでもそれなりのポジションを保って
いるとも言えるのです…。10年を越えて使えるパーツなんてなかなか無いですよね。
ちなみに、PCI-XはPCIにも刺さるとは言え、マザーボードの方もPCIスロットがある様な代物です。
年代物である事はお察し下さい。

でも…今時家庭内でもあまりベアメタルは必要としなくなりましたよね。そんな中NASと言うかストレージは
数少ない実機が必要な分野かと思っています。クラウドストレージはデータの長期保存には向いていますが、
決して早くは無いのが現状です。このNASサーバは一応メモリも8GBあるし、NIC(ネットワークカード)も2つ
ささっているので、iSCSIのホスト等、他の事にもちょっと使ってみたいと思います。







如何でしたか? Intel 82545チップ搭載のNICなんてもう使っている人はあまりいないのでしょうね。
そろそろ、ご家庭にもGbE以上の規格が入ってきても良いと考えているのですが、なかなか10GbE製品は
値下がりしませんね。早く安くならないかな。。。










« gitlabにプライベートなプロジェクトを作成してみる | トップページ | Ubuntu Server 18.04 LTS設定メモ(IPv6の無効化・スワップ頻度の低減・フロッピードライブの無効化) »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

<a href=https://www.homeadvisor.com/tloc/Miami-FL/Sliding-Door-or-Tracks-Repair/>Sliding Door Repair</a>
Sliding Glass Door Repair Services in Miami, FL
Where do you need Sliding Door or Tracks Repair Pros?

Answer a few questions about your home project.
Within seconds, get matched with top-rated local pros.
Compare quotes and choose the best pro for the job.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« gitlabにプライベートなプロジェクトを作成してみる | トップページ | Ubuntu Server 18.04 LTS設定メモ(IPv6の無効化・スワップ頻度の低減・フロッピードライブの無効化) »