Amazon

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« AmazonS3(互換のMINIO)に.NETでファイルを読み書きしてみる | トップページ | SparkSQLをDockerで動かしてみる ホスト1台編 »

2020年4月20日 (月)

NECの MK34LBHを購入しました

今回は久しぶりにデスクトップPCを購入しました。衝動買いですね。勿論中古です!





我が家では、デスクトップPCを段階的に減らす計画でいたのですが…。最近、Dockerで遊び始めて、AMD E350の
古いPCを利用して色々とサーバを立てて楽しんで(?)いたのですが、Gitlab等を使用していると「流石に遅いな…」と
感じる様になりました。

AMD E350のPCでも、それなりにチューニング方法を検討してはみました。

  ・不要なプロセスを止める
    → もともとミニマムでDebianを使用していたのて大きな効果なし
  ・メモリの追加
    → 8GBをそもそも使い切っていない
  ・OC
    → AMD E350の場合は簡単に設定出来ませんでした
  ・HDD→SSDに変更
    → ちょっとだけ早くなりましたが、よりCPUの遅さが目立つ結果になりました


効果を多少感じたのはHDD→SSDに変更した時でした。但し、プロセスを眺めていると結局CPUが100%に
張り付いていますので、結局CPUが完全にボトルネックになってました。

そんな時に、何気なくショッピングサイトを眺めていたら5000円を切る格安の中古デスクトップPCを見つけて
しまい、思わず衝動買いしてしまいました。

・購入したPC

購入したPCは NECのMK34L/B-Hです。

  公式サイト : MK34L/B-H

仕様を抜粋すると…
  
  CPU
    Core i3-4130 (2C4T)
  Memory
    4GB (DIMMスロット×4)
  HDD
    250GB


こんな感じです。ここで注目したのは2点です。

  CPUがCore i3-4130について
    同じ2CoreのCPUですが、AMD E350とCore i3 4130の差は圧倒的です。

      CPUBOSS
      UesrBenchmark

    ざっくりとシングルスレッドの動作で4倍以上、マルチスレッドの場合はより差が広がります。


  DIMMスロット×4
    ここポイントです。Core i3-4130はAMD E350と同じくDDR3ですので、AMD E350で使用している
    8GBのメモリも指すことができます。すると4GB+8GBとメモリも増加する事になります。

    (実際に届いたものを確認したところ、4GB のDIMMが1枚の構成でしたので、他のPCから4GB DIMMを
    もう一枚抜いてきて、16GBにしてしまいました)


そんな訳で、4倍以上のCPUの高速化に加えメモリも増加させる事が出来てしまいます。外観は多少の汚れはありますが、
もともと部屋の片隅に置いておくだけですので全く気になりません。付属のOSはWindows10ではなく、Windows8.1 proが
インストールされていましたが、そもそも使う気がないのでこれも気になりません。多分、Windows10では無いことも、
激安価格の理由の一つなのでしょう。

付属品は下記の通りでした

  ・取り扱い説明書
  ・リカバリーディスク(Windows7 pro/Windows8.1 pro)
    Windows8.1 proはまだサポートのあるOSですが、多分使わないでしょう
  ・PC スタンド
  ・電源ケーブル
  ・DisplayPort → DVIの変換ケーブル(未開封)
    以下の様なDisplayPort → DVIの変換ケーブルも付属していました。これ単体でも買うと
    700~800円程度しますのでちょっと嬉しいです。


      

と、こんな感じです。どこにもシール等が貼られた跡もありませんでしたので、リースでもなく多分どこかの
会社で購入して、5~6年程使用して売却したのではないかと思われます。


・実際に使用してみる

以下の環境を構成してみました。

  開発用環境を整備する (Docker Composeを使用してSambaADとGitlabをインストールする)

感想は…もう圧倒的です。多分やっぱりCPUパワーが全然違うという事なのでしょう。確かに、CPUの他にはメモリも
倍増しましたが、兎に角CPUパワーが効いていると思います。
そもそも、Debianのインストールが5分程度で完了する辺りから全然違いますからね…。確かにCPUの消費電力も
増えていますが、それを補って余りあるパフォーマンスであると言えるでしょう。

遅くて仕方がなかった、Gitlabもさくさく動作する様になり、大満足です。


以上です。こんなPCが送料込みで5000円を切る価格で購入できるなんて…。確かに、7年落ちのPCではありますが、
家庭内サーバとして利用するならば十分すぎる性能です。また、SSDにさえ換装すれば、自宅でブラウジングしたり
する程度であれば、十分に快適です。OSもWindowsに拘らなければ、Ubuntu等を使用している限りお金もかかりません。
パソコンはすっかり安い物になりましたね。。。





ちょっとここ5年間の自分のPC購入(入手)を思い出すと…記憶が定かでは無いのですが2016年~2020年の間に
大体一年に一台程度以上のペースでノート・デスクトップ・タブレットの類を入手している気がします。しかも、
よく考えると、デスクトップも混ざっていて…いやぁ、やっぱり下手に大人になると駄目ですね…。
少し家庭内にあるパソコンのパーツ・ケースも処分しないとな…。買うのは簡単だけど捨てるのが難しい…











« AmazonS3(互換のMINIO)に.NETでファイルを読み書きしてみる | トップページ | SparkSQLをDockerで動かしてみる ホスト1台編 »

買い物」カテゴリの記事

コメント

これは良い買い物でした… DP→DVI変換ケーブルもありがたいですが、丁度欲しかった寸法の短いDVD MULTIのドライブまでついてきました。
これもありがたく転用する形で。税込み5000円を切る値段で買えてとっても良かったです。

あまりにも良かったので…もう一台買ってしまいました。
今度はデスクトップ用途で購入しましたが、これだけ性能があれば十分普段使いできます。

気になるのはDIMMスロットが空いている事…空いているスロットがあるともったいない気がしますよねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AmazonS3(互換のMINIO)に.NETでファイルを読み書きしてみる | トップページ | SparkSQLをDockerで動かしてみる ホスト1台編 »