Amazon

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Docker上のgitlabでDockerレジストリの機能を有効化する | トップページ | logicoolマウス M171を購入しました(安心の品質) »

2020年9月 2日 (水)

ELECOM Bluetoothマウス M-BT12BRを購入しました

久し振りの買い物ネタです。今回はマウスを購入しました。Bluetoothで使用できる普通のマウスです。実は今回三つのマウスを同時に購入していて、その第一弾です。






最近買い物ネタが滞っていました…。コロナのせいで消費も落ち込んでいますし、自宅で過ごす事が増えたのだからもう少しパソコンネタの買い物も増えても良いと思うのですが…。最近欲しい物があまりできず…昨年末に購入した中古のThinkpad T440pに大満足して物欲が減退気味です。

そんな中、突然マウスを沢山購入したので紹介していきたいと思います。まず始めはELECOMのBluetoothマウスの M-BT12BRシリーズのM-BT12BRBKです。

・特徴

公式サイトはこちら

意外と特徴が多数あります

  ・安価である
    いつものです。消耗品だと思って割り切ります
  ・カラーバリエーションが多い
    ブラック・ブルー・ピンク・レッド・シルバー・イエロー の色があります。ピンクは顔が書いてある…
  ・Bluetooth対応
    ここが重要です。USBポートにレシーバーを刺す必要がありません!

  ・対応OSが多い
    Windows/macOSの他にiOS、iPadOS 等 その他 公式ページに書いてありませんがPlayStationや
    Android等も接続可能なようです。


BluetoothマウスなのでUSBコネクタにレシーバーを刺す必要がありません。その為、ノートパソコンに突起を作ることもなくスマートに使用できますし、うっかりひっかけたりしないので安心です。また、Bluetoothマウスは一般的なUSBレシーバを必要とするタイプと比べた場合高価な事が多いのですが、この製品は1000円をちょっと超えるぐらいで、それ程価格差はありません。

マウスの質感は「安価な標準的なマウス」と言った感じで、同価格帯のlogicoolのUSBレシーバータイプのマウスと比べた場合、正直一段落ちる印象ですが、それ程気になるものでもないでしょう。


と、いう訳で、どこにでもあるような消耗品としてのマウス。だけど、Bluetooth接続でちょっと便利と言うのがこの製品の位置づけでしょう。他にもiPadでちょっとマウスを使ってみたいけど、本当に必要か分からない…なんて方も試しに買ってみてiPadでマウスは不要だと感じた場合にパソコンで使う…等も考えられます。高いものではないので、試して見るのは如何でしょうか。





冒頭で最近買い物ネタが減ったと書きましたが、実は中古ですけれど、NECのMK34LBHを2台も買っていたのでした…。家庭内サーバとして扱うには十分な性能かつそこそこの消費電力。良い買い物をしていました…。最近は中古PCでも十分な性能の物が多く、デスクトップ用途でもSSDにさえ換装できれば快適です。と、いう訳で

  ・HDD → SSDをPCに組み込む事
  ・OSをインストールできる事

上記二点さえこなす事ができれば、安価なPCライフが待っています。皆さんも挑戦しませんか?










« Docker上のgitlabでDockerレジストリの機能を有効化する | トップページ | logicoolマウス M171を購入しました(安心の品質) »

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Docker上のgitlabでDockerレジストリの機能を有効化する | トップページ | logicoolマウス M171を購入しました(安心の品質) »