2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お願いします!

  • 楽天カード
  • 楽天ブックス
  • 楽天

« サンワサプライ Surface用LANポート付きハブ USB-3HSS3S を購入しました | トップページ | ASP.NET Coreにオレオレ証明書を登録する(Linux-nginx編) »

2020年10月 5日 (月)

[小ネタ]apt時にバージョンが変わったとメッセージが出た場合(Debian 10)

いつの頃からか、Debian 10でapt-get updateした際に下記の様なメッセージが表示される様になっていました。 その対応です。





いつも通り何か新しい作業をする前に、apt-get updateを実行したのですが以下の様になりました。



どうやら、busterが10.5から10.6にバージョンアップされた様子です。この様な場合はaptコマンドに以下のオプションを 指定して実行する事で、リリース情報を更新し、適切なリポジトリに変更されます。





試しに再度apt-get updateを実施してみます。



特に警告も出ませんね。これで大丈夫です。基本的にパッケージは常に更新しておくようにしましょう。


しかし、Windowsに対してLinuxが圧倒的に勝っているのはこのパッケージですね。作りが単純なのかもしれないですが、Windows Updateはやたら時間がかかりますが、パッケージは簡単に適用されます。Windows10になって大幅に改善されましたが、それでもLinuxの方が圧倒的に高速です。また、アプリのインストール・アップデートと統合されているところも大変便利です。この辺りはWindowsももう少し改善して欲しいですね。









« サンワサプライ Surface用LANポート付きハブ USB-3HSS3S を購入しました | トップページ | ASP.NET Coreにオレオレ証明書を登録する(Linux-nginx編) »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンワサプライ Surface用LANポート付きハブ USB-3HSS3S を購入しました | トップページ | ASP.NET Coreにオレオレ証明書を登録する(Linux-nginx編) »