Amazon

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon2

カテゴリー「Linux」の4件の記事

2016年4月17日 (日)

CentOS7にPostgreSQLをインストールする


今回はちょっとRDBMSが欲しくなったので、PostgreSQLをインストールしてみます。
珍しくCentOSに手を出してみる事にします。

今回は以下の作業をします。
  ・CentOS7に構成管理ツールのAnsibleをインストール
  ・Ansibleを利用してPostgreSQLをインストール
CentOSのPCを2台用意して、管理用のAnsibleが入ったサーバーから、
もう一台のサーバーにPostgreSQLをインストールしてみます。




続きを読む "CentOS7にPostgreSQLをインストールする" »

2012年11月24日 (土)

CentOS63にSubversionをインストールする

さて、RedHat系も少しは触っておこう…と、言う事でsvnサーバをCentOS6.3で立て直す事にします。
Debianから入った私は、CentOSと言うかRedHat系のLinuxを触るのが殆ど初めてに近いので思ったより苦労しました。。。

・CentOSのアップデート まず最初はCentOSを最新版にします。


・必要なパッケージのインストール さっそくsvnのインストールを開始します。インストール方針は前回と同じく
apache2を経由してのアクセスとしたいと思います。

apache2・subversion・mod_dav_svnをインストールします

外部から接続する為のユーザ/パスワードの設定

まず、/etc/httpd/conf/httpd.confを編集してhtpasswdを有効にします。
上記ファイルの以下の箇所をNone → Allに変更します。


続いてパスワードを設定します。

・svnのリポジトリの作成

作成先はapache2で共有するので、一応wwwの下に作成します。svnのリポジトリはどこに
作成しても良いはずですが、linuxのルール的には/varの下に作るべきなんですかね?

以下の例では/var/www/svnRepository/sourceにリポジトリを作成しています。
(RedHatではhttpdはapacheなんですね。。。)

・権限の設定
今のところ、自分一人用なんですが。。。
権限ファイルにユーザーを追加します。

/etc/httpd/conf/dav_svn.authzに以下の記述を追加します。

・apache2とsvnを繋ぐための設定

以下のファイルを編集します
/etc/httpd/conf.d/subversion.conf

・apache2の再起動

ここまでできたらapache2を再起動してみます


ここでエラーがでなければokです。

もしも、以下の様なメッセージが出た場合は/etc/hostsに自分のサーバ名を追加して下さい。


また、ServerNameについての警告が出るかも。その際にはhttpd.confのServerNameに
自サーバ名を記述してください。

・iptablesの修正

まだやらなければならない事がありました。。。CentOSはデフォルトでポートが
閉じられているみたいです。
/etc/sysconfig/iptables に以下の行を追加します。


その結果以下のようになるはずです。


ファイルを修正したらiptablesを再起動します。

これでTortoiseから接続を確認すれば完了です!
iptablesにてこずりました。。。
Ubuntuより色々面倒だったけれど…最初はportが閉じていると言うのは実に正しい挙動ですよね。。。



2012年11月11日 (日)

Windows8 Hyper-V環境下にCentOS 6.3を導入する

Windows8を買う時に、エディションで悩みましたがProを選びました。Proの何が
使いたかったかと言うと実はHyper-Vを使ってみたかったのです。
VMWARE Playerに何か不満があった訳ではないのですがベアメタルハイパーバイザー
言うのになんとなく憧れてこちらを選択してみました。
(ESXiは過去に断念した経緯あり。そのうち再挑戦するつもりです。Xenは何故か触る気がせず…)

さて、今回はUbuntuではなくCentOSです。実はお仕事の方でLinuxを使いそうな気配があります。
個人的にはさらっと使うにはUbunutuが非常に楽なのですが、今回は予習も兼ねてCentOSで挑戦
してみる事にします。

続きを読む "Windows8 Hyper-V環境下にCentOS 6.3を導入する" »

2012年5月 2日 (水)

Ubuntu12.04にSubversionをインストールする

趣味でコードを書くならなるべく負担がないようにしないとすぐに挫折してしまうので…
開発環境の構築の第一歩として、形から入ると言う事でSubversionを導入したいと思います。
Subversionとは履歴管理ツールの一種で、バックアップ+履歴管理+ソース共有が
とっても便利になるツールです。本来は複数人で利用するものだとは思いますが、
形から入る…と、言うか個人で利用しても色々と便利なツールです。

Subversion(以下svn)を導入する理由としては…


 ・経験上ちゃんと履歴管理をしておくといい事がある
 ・鳥頭なので過去の実装なんて覚えてない
 ・別途ツールを導入すると、差分確認も簡単
 ・別サーバを立てればバックアップにもなる

てな、訳で早速導入してみます。

OSには、Ubuntu12.04LTSを利用します。
Ubuntu12.04にした理由は以下の通りです。


 ・フリーで利用できる
 ・LTS(Long Term Support: 長期サポート版)なので長く使える
 ・svnのインストールも簡単

続きを読む "Ubuntu12.04にSubversionをインストールする" »

その他のカテゴリー